赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 不妊

不妊症の基本情報

不妊とは、自然な状態で妊娠に至れないか、妊娠を一定期間以上維持することができない状態を指します。

WHOによる定義は「避妊をしていないのに2年以上にわたって妊娠に至れない状態」となっています。この妊娠に至れない状態を原発性不妊、一度以上の妊娠・分娩後妊娠に至れない状態を続発性不妊と区別する場合もあります。

日本では正常なカップルでは妊娠を希望し性生活を行った場合は6か月以内に65%、1年で80%、2年で90%、3年で93%が妊娠にいたるとされています。そのため日本においては、妊娠を望んでいるカップルの約10%が不妊症であるとされています。このうち、男性側に問題があるケースが約40%、女性側に問題があるケースが40%、両性に問題があるケースが15%、原因不明な場合が5%あるとされています。

一方で妊娠はするものの、習慣性流産となってしまう場合を不育症といいます。不育症は広義の不妊症の一部に組み込まれることもありますが、基本的には概念が異なります。