赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 日焼け

日焼けの基本情報

紫外線を浴びることによって肌が炎症を起こす「日焼け」は、赤ちゃんが紫外線を肌に浴びた場合にも生じます。皮膚が薄く、バリア機能も未発達な赤ちゃんの肌は、大人が受ける以上に大きなダメージを受けてしまいます。

以前は、紫外線には体内でビタミンDを作る働きがあるため、赤ちゃんの健康のために「日光浴」がよいとされていました。けれど、近年では紫外線による悪影響の方が問題であると考えられ、1998年以降の母子健康手帳には日光浴を勧める記述がなくなり、外の空気に触れる「外気浴」という表示のみになりました。もし、赤ちゃんに日光浴をさせる時は、直射日光を浴びすぎないように注意しましょう。

日焼けの原因となる紫外線は1年中降り注いでいますが、特に紫外線量が多くなるのが5月から9月にかけてで、7月がピークになります。真夏はもちろんですが、6月にはすでにかなり紫外線量が増えているので注意が必要です。

1日の時間帯で見た場合には、10時から14時の間が特に紫外線量が多くなり、1日の紫外線量の約60%を占めています。外出する場合は、この時間帯を避けることで、紫外線対策になります。赤ちゃんの散歩はできるだけ朝夕の紫外線量が少ない時間にするようにしましょう。

それ以外の時間でも、日が出ている時間はすべて紫外線の影響を受けるので、外出する場合には紫外線対策するようにしましょう。最近では、赤ちゃん用の肌にやさしい日焼け止めや赤ちゃん用のサングラスなどもあるので、こうしたものを活用するのも良いでしょう。

赤ちゃんは汗をかきやすく、夏場はかなり汗の量も増えます。日焼け止めを塗っていても汗で流れてしまうので、こまめに汗を拭きとって清潔にしてから日焼け止めを塗り直してあげましょう。

ベビーカーに乗せている時やママの運転するクルマに乗せている時なども、忘れずに紫外線対策したいところです。直射日光が当たらないように、日中の移動中にはベビーカーは必ず日除けを使用しましょう。クルマに乗せる場合は窓ガラス用のUVカットフィルムを利用したり、赤ちゃんにもタオルをかけてあげるなどして、紫外線対策するようにしましょう。

紫外線のダメージは肌に蓄積され、10年以上後になってから現れるシミやシワなどの原因にもなると言われています。赤ちゃんのうちから日焼け対策をしっかりとケアしてあげることが大切です。