赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの病気と対処法

赤ちゃんの病気と対処方法

赤ちゃんはとてもデリケートです。しかも、体調がどの程度悪いのか判別がつきにくく沢山のママ達が困っています。本サイトでは赤ちゃんの病気について、救急車を呼ぶべきかなのか、急いで受診した方がいいのか、かかりつけ医の診察開始時間まで待っても大丈夫なのか、その判断方法、対処方法をご紹介します。 症状の緊急度を判断する病気のサインは大きく分けて4つです。緊急度別に4つの対処法をご紹介します。

緊急度別症状のサイン

発熱…容体の急変に注意!

Level1 37.5度以上(平熱より1度以上)⇒家で様子を見ましょう。⇒家で様子見
Level2 突然の高熱/高熱と充血/高熱とせき/おっぱいや離乳食を嫌がる/「ほほ」や「あご」の腫れ⇒受信時間内にかかりつけ病院に行く
Level3 生後3ヵ月未満で37.5度以上/熱・嘔吐・頭痛・ぐったりしている/首の硬直/5分以上のケイレン⇒夜間でも診察可能な病院で受診
Level4 声のかすれ/嘔吐物や異物によって窒息しかかっている⇒すぐに救急車を呼ぶ(119番)

せき…呼吸困難に注意!

Level1 軽いせきが出るが、食欲、機嫌共に問題ない⇒家で様子見
Level2 発熱を伴う(伴わない)「せき」。ゴホゴホとタンがからんだ「せき」/ゼーゼー、ヒューヒューと苦しそうな「せき」⇒受信時間内にかかりつけ病院に行く
Level3 コンコンコンやヒューヒューといった息が止まりそうな「せき」/オウッオウッといった犬の遠吠えのような「せき」/呼吸が荒い/唇や顔が青白い⇒夜間でも診察可能な病院で受診
Level4 呼吸がない/意識や反応がない⇒すぐに救急車を呼ぶ(119番)

嘔吐/下痢…脱水症状に注意!

Level1 授乳や離乳を食べた後に吐いたが、元気があり、機嫌がいい。その後、おっぱいやミルクを通常通り飲む⇒家で様子見
Level2 嘔吐と下痢を繰り返す/オムツに入りきらないほどの大量のウンチが日に何度も出る。⇒受信時間内にかかりつけ病院に行く
Level3 嘔吐や下痢が治まらず、水が飲めない/発熱し、嘔吐を繰り返す(機嫌が悪い、ぐったりしている)⇒夜間でも診察可能な病院で受診
Level4 すぐに救急車を呼ぶ(119番)

発疹/はれ…発疹がある場合は全身をチェックし、熱をはかる。熱があればウイルス感染の疑いがあります。

Level1 変な発疹が出てきた。⇒家で様子見
Level2 発熱を伴い(伴わない)体中に発疹がある/頬や耳の下が腫れている、もしくは痛がる⇒夜間でも診察可能な病院で受診
Level3 夜間でも診察可能な病院で受診
Level4 すぐに救急車を呼ぶ(119番)

その他の症状

不機嫌でくずりっぱなし 受診時間内にかかりつけ病院に行く
ぐずぐずする・血便・激しく泣き、すぐにケロリとすることを繰り返す 夜間でも診察可能な病院で受診

判断に困ったら→まず電話!

子供の急な病気の判断に困った時は、まずは「小児救急電話相談」に電話しましょう。救急車を呼ぶ判断の1つにもなります。
「小児救急電話相談」に電話するとお住まいの都道府県の相談窓口に転送され、小児科医師や看護師から病気の症状別の対処方法、受診方法についてアドバイスを受けられます。受付時間は地域によって異なりますので、お住まいの地域の情報をご確認の上お電話下さい。

「小児救急電話相談」連絡先:#8000
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

救急車を呼ぶ手順

まずは落ち着いて行動をして下さい。救急車を待つまでの間、応急の手当てが必要です。救急車を呼ぶ際に確認しましょう。

応急手当ての手順

観察 生命が危険な状態かの判断:大量出血の有無/呼吸の有無/意識の有無
反応確認 名前を呼ぶ、ほほをたたくなどして反応の確認をとる
回復体位 救急車が来るまでの間、回復体位をとって救急車を待ちます。

*回復体位 横向きの体位。下あごを前に出し、両ひじを曲げる。上側のひざを約90度曲げ、傷病者が後ろに倒れないようにする。

救急車の呼び方 TEL:119番

1.子供の年齢と容体を伝える。例:「救急です。○才の子で、意識がありません。」
2.住所・家の目印・電話番号を伝える。
3.救急車が来るまでにすることを聞く。例:「救急車が来るまでにしておくことはありますか?」
*救急の場合は、応急の手当てが重要です。必ず今行えることがあるかどうかの確認をとりましょう。

呼吸がない場合 気道確保や人工呼吸の方法を救急隊員に電話で聞いて、救急車が来るまで応急手当てを行いましょう。
心拍がない場合 救急隊員に電話で応急処置の方法を聞きましょう。心肺蘇生とAED装着について確認しましょう。