赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > インファントマッサージ

インファントマッサージとは

インファントマッサージとは、国際インファントマッサージ協会で定められているベビーマッサージの手法です。このマッサージは赤ちゃん(ベビー)のときだけではなく、お子さんが成長しても無理なく続けられるため、あえてベビー(BABY)ではなく、インファント(INFANT:乳幼児)が使われています。

Infant Massage(インファントマッサージ)はアメリカ人看護師ヴィマラ・マクルアーが1976年に創設した赤ちゃんマッサージのプログラムです。ヴィマラはインドの孤児院で働いていたときに学んだ、インド古来の赤ちゃんマッサージをベースに、スウェーデン式マッサージ、リフレクソロジー、ヨガを統合したものとしてインファントマッサージを確立しました。

インドでは昔から子供が生まれるとその家のお母さんやお婆さんが、孤児院では年長の子が幼い子にマッサージをするという習慣があります。
ヴィマラは、このふれあいの方法が、赤ちゃんを落ち着かせると同時に、愛情を伝え非言語的コミュニケーションとしての役割を果たすものとして、非常に重要であると気づきました。
また、物質的に恵まれない境遇の中でも、子供たちが無邪気で、落ち着きがあり、思いやりと責任を持って生き生きと育っていく要因ではないかと考えたヴィマラは、この理念をアメリカに持ち帰り、研究・開発を重ね、インド伝統的なマッサージにスウェーデン式マッサージ・リフレクソロジー・ヨガを取入れたインファントマッサージを新しい育児法として提唱しました。

当時から青少年の凶悪犯罪など、さまざまな子供の問題に悩まされていたアメリカでは、それまでの自分たちの育児法に問題があったことを認め始めており、マッサージの効果を裏付けするティファニー・フィールド博士の研究結果も手伝って、インファントマッサージは加速度的に全米に広まりました。その確かな理念やテクニックはアメリカばかりではなく、ヨーロッパ各地に波及し、国によっては産後の鬱解消や幼児虐待防止の為の政府公認のプログラムとして活用されるまでに至っています。