赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 高齢出産の基本情報

高齢出産の基本情報

高齢出産とは

高齢出産とは統計上あるいは医学上、35歳以上で妊娠・出産することを意味します。

35歳という年齢に何か特別な意味があるのかというと、そういうわけではありません。35歳を境として「急に」危険性が高まるというわけではなく、高齢出産のリスクは、あくまで30歳を超えたころから徐々に高まっていくものです。

女性の社会進出や晩婚化が進むとともに、35歳以上で妊娠・出産する人も増えています。
仕事などのために結婚・出産を先送りする人も多く、高齢出産はごく当たり前のものとなりました。しかし、高齢で出産することにはリスクがあることを忘れてはなりません。高齢出産ならではの喜びは、リスクの上に成り立っているのです。

日本産婦人科学会では、35歳以上の初産婦を「高齢出産(初産)」と定義しています。以前は30 歳以上とされていましたが、平成3年頃から35歳に引き上げられました。30歳以上の初産婦が増えたこと、そしてWHOをはじめとする諸外国でも同様の定義がなされていることからです。最近では初産婦・経産婦を区別せず、年齢に注目して分類する見方が強まっています。
経産婦の場合、初産婦に比べて母体の健康に対するリスクは低いものの、生まれてくる子供の健康に関するリスク(染色体異常が発生しやすくなるなど)は同様であるといわれます。

高齢出産の増加や、高齢出産に対する医療技術面でのサポート体制の進歩により、昔のように母子が危険に晒されるというケースはほとんどありません。また、高齢初産婦に起こりがちな合併症や妊娠中毒症を早急に認知し、管理する方法も確立されています。
しかし、やはり35歳以上の妊娠・出産において母子ともに異常が増えるのは事実です。そうしたリスクをきちんと受け入れることも、高齢妊娠・出産には大切なことでしょう。ただし、むやみに不安を募らせることはありません。自分自身はもちろん、赤ちゃんの生命力や医師を信じて臨みましょう。