赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 妊婦・マタニティ

妊婦さんの月別基本情報

妊娠月数と状態

妊娠前期

1ヶ月
妊娠して1ヶ月目は気づかないものです。妊娠の周期は、最終の月経を0週0日目として数えていきます。人によっては熱っぽかったりするようです。

2ヶ月
個人差はありますが、つわりのピークは7?9週頃になります。つわりの時期は食事がのどを通らないこともあれば、逆に何でもかんでも とにかく食べたいという人、また時期によっても差があります。一人目がつわりが軽かったから二人目も同じ、ということもなく、毎回違うようです。つわりは、気持ちが悪くなるだけでなく、妙に悲しくなったり、心配になったりとにかく感情の浮き沈みも激しくなりがちです。
他にも、おっぱいが張ってきたり腰が重たい感じがしたり、おりものが増えたりすることもあるようです。

3ヶ月
周りに気づかれることはほとんどないですが、そろそろなんとなくおなかが出てきだします。妊娠線を作らない為にも、皮膚の乾燥を防ぐケアを始めましょう。

4ヶ月
いよいよ母子健康手帳を受け取ることができます。病院で妊娠届けを発行してもらって、妊娠12週頃から受け取ることができます。

妊娠中期

5ヶ月
急におながが出てきます。おなかだけじゃなくて、おっぱいも苦しくなってきます。

6ヶ月
どんどんおなかが大きくなってきます。赤ちゃんがおなかを蹴るのも感じます。この時期からは、貧血になりやすいので、ひじきやもずくなどをとるようにしましょう。

7ヶ月
早産の恐れが出てくる時期です。出産準備は早めにしておきましょう。赤ちゃんグッズも大物は今の時期にすませておきましょう。後期に入ると体が重くなって動くのが大変になります。ただ、おなかが張りやすい時期なので無理は禁物です。しばらく休んで張りが治まるようなら心配はいりませんが、そのことは健診のときに伝えるようにしましょう。

妊娠後期

8、9ヶ月
おっぱいが出てきたり、足がつりやすくなったりしだします。 マタニティヨガも最近では珍しくないので、おなかが張ってこないようならおすすめです。

10ヶ月
いよいよ臨月です。ちょっと歩いただけで急に心臓がバクバクしたり、トイレの回数がうんと増えたり、体に変化が現れます。ゆっくりできるのも今のうちですから、遠出は避けてのんびり近場ですごしてください。心身ともにリラックスした状況を作るのも大切です。