赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 里帰り出産の基本情報

里帰り出産とは

里帰り出産とは、実家から離れて暮らす妊婦さんが実家に一時期戻り、実家の近くの産院などで出産することです。
出産経験のある母親が側にいてくれるため、出産や育児に対する不安や、家事を任せて赤ちゃんのお世話に専念できるといった、精神的にも肉体的にも支えてもらえるというメリットがあります。パパともよく相談して、里帰り出産するかどうかを決めることが大切です。

もちろん、里帰り出産をしない場合でも、母親に来てもらったり、パパが短期間でも育児休暇を取る、産褥ヘルパーさんなどを頼むなどで、産後を乗り切るといったケースもあります。しかし、やはり慣れ親しんだ実家で両親や親戚、友人たちと過ごせる里帰り出産を希望する妊婦さんはたくさんいます。

帰省の時期はおよそ妊娠9ヶ月ごろ(妊娠32~34週ごろ)がベストといわれます。
あまり早すぎても暇ですし、遅すぎると移動中に陣痛が始まる恐れがあります。具体的には今お世話になっている病院と相談して、母体の調子がいい時期にしましょう。

また、産後に自宅へ帰る時期は早くても1ヶ月後以降です。赤ちゃんの1ヶ月健診を産んだ病院で受けるためと、母体の調子を元通りの状態に近づけるのに1ヶ月は必要だからです。つまり、里帰り出産は2~3ヶ月間の長期帰省になります。

これらの点も踏まえた上で、里帰り出産をする場合の準備や、メリット・デメリットなどを紹介します。