赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > ベビーカー選び

ベビーカー選びの基本情報

赤ちゃんとのお出かけに欠かせないベビーカー。
ひと昔前と違い、現在では日本製だけではなくインポートの物など様々なベビーカーがあります。そのため、どのベビーカーを選べばいいのか迷ってしまうママも多いことでしょう。ベビーカーを選定する際には必ず頭に入れておきたい事があります。 ベビーカーにはA型、B型などいくつかの「型」がありますが、一番大切なのは生活スタイルによって選ぶベビーカーが変わってくるという事です。

ベビーカーの種類・タイプ

A型(1ヶ月~2歳くらい)

一番アイテム数が多く、人気・販売量ともに最も多いのがA型ベビーカーです。寝かせた状態になるよう背もたれが限りなくフラットになり、安定性や衝撃を吸収するように作られています。基本は赤ちゃんと向き合うような対面式です。

また、AB型ベビーカーというのがあります。新生児(生後1ヶ月)から利用できるリクライニング機能が装備されており B型ベビーカーのように軽量・コンパクトなベビーカーの総称です。 数年前まではこのAB型というカテゴリーが存在しましたが、現在ではA型ベビーカーの性能・品質が向上したことで、AB型はA型に吸収されるような形となりました。 インターネットなどで一部AB型という名称をみかけますが、AB型=A型とご判断ください。


出典:コンビ ホワイトレーベル ディアクラッセ オート4キャス
エッグショック YB アルファ ロメオ / コンビ株式会社

B型(生後7カ月くらい~3、4歳くらい)

A型と違ってリクライニング角度に制限があるため、一般的に赤ちゃんの首・腰が座ってから使用が可能です。B型ベビーカーは軽量・コンパクトなものが多いので、お出かけの際にA型に比べて邪魔にならず、持ち運びにも便利です。3、4歳くらいから便利な、軽量簡易ベビーカーのバギーもB型に含まれます。


出典:マジカルエアー プラス / Aprica

その他のタイプ

海外セレブが使っているベビーカーを使いたい!という要望にこたえて、安全性もファッション性も高いインポートのベビーカーが多く登場しています。国内ベビーカーのようにA型、B型という明確な定義がないので、十分機能を理解した上で選ぶことが必要です。インポートのベビーカーは、バギータイプのものも多いですが、頑丈で安定した構造のバギーなので安心して使うことができます。

他には二人乗り用ベビーカーがあります。双子の赤ちゃんだけでなく、年齢の近い兄弟がいっしょに外出するときに便利です。縦型二人用と横型二人用があり、縦型は横幅も一人乗りと変わらないので移動には便利ですが、前部分の席はリクライニングができないので年子の兄弟用などにオススメです。

電車派と車派のオススメ

電車派

階段や電車の乗り降りにはベビーカーをたたんで持ち運びする場面が多いと思います。その際もっとも重要なのが軽さです。持ち物のページでも触れましたが、赤ちゃんとのお出かけにはたくさんの荷物が必要です。片手に赤ちゃん、片手にベビーカー、そして重い荷物を持つ事はとても大変なので、できるだけ軽い物を選びましょう。ただし、軽過ぎてきゃしゃな作りの物は安定感がなく危険なので注意してください。また、混雑する駅構内では、素早くベビーカーをたたまなければならない時も多いので、荷物を持ったまま片手でワンタッチ開閉できるかどうかも重要です。揺れる車内ではたたんだベビーカーが自立し、タイヤが下に来るかどうか、混雑した駅構内で人や障害物をスイスイ切り抜けられる走行性があるかどうかも確認しておきましょう。見落としがちなのがベビーカーの幅です。よく利用する駅の改札を通れるかどうかも購入前に確認したいポイントです。

車派

電車派と違い、基本的にどのタイプの物でもいいですが、たたんで車のトランクに収納できるサイズかを確かめましょう。
車派の方にはトラベルシステムもオススメです。”トラベルシステム”は、シート部分と車輪部分が取り外せるベビーカーなので、チャイルドシートとベビーカーを組み合わせられる商品です。おうちではロッキングチェアとして、車ではチャイルドシートとして使えます。車輪を組み合わせれば外ではベビーカーとして使えるので優れものです。たとえ赤ちゃんがベビーカーで寝てしまっても、起こさずに車への移動ができ、車に乗っている時もチャイルドシートのまま取り出せてベビーカーに乗せられるのでとても便利です。


出典:Easy5 Plus / bebeconfort

その他のベビーカー選びのポイント

ハイシート

座席の高いハイシートは、赤ちゃんを乗せ降ろししやすいというメリットだけではなく、夏の強い日差しの照り返しの影響を受けにくいので、赤ちゃんも快適に過ごせます。デザインもスタイリッシュなものが多いので人気があります。


出典:コンビ ホワイトレーベル メチャカル ハンディα
エッグショック MC 400 ミッキーマウス MD / コンビ株式会社

荷物入れ

ハンドルに荷物をかけすぎると転倒する危険が増すので、お買い物の時など座席の下にある荷物入れに荷物をたくさん入れる事があります。店頭でベビーカーを試している時には気付きづらいですが、どれくらいなら重い荷物を入れても底が地面につかないかも確認しておきたいポイントです。また、荷物の出し入れがしやすいかも重要なのでチェックしておきましょう。



様々な機能やデザインがあるベビーカー。
長くたくさん使う物なので、デザインや価格だけに惑わされず、ご自身の生活スタイルに合ったお気に入りの一台を見つけてくださいね。