赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ >出産について

出産が近づいてきたら

予定日と体の変化

妊娠して約10ヶ月、分娩予定日が近づいてくると、お母さん(妊婦)の体には、いろいろな変化が起きてきます。分娩が近くなってきていると実感する方も多いようです。

出産は必ずしも予定日にやってくるわけではなく、あくまでも目安です。予定日の三週間前から二週間後の出産が正常と考えられており、この期間はあわせると五週間もあるため、予定日より早い、または遅いといったことを気にしすぎる必要はありません。

出産が近くなると胎児の動きが少なくなり、また尿が近くなったりします。これは初めての出産の場合は特に顕著表れる変化であり、しだいに胎児の体全体が母親の体の下方へ移動するので、胃の周辺がすっきりとして楽になってきます。

お腹が頻繁に張るようになれば、分娩が間近になり、ほとんどの場合は血性のおりもの、いわゆる(おしるし)があり、これがあると数日以内に陣痛が始まります。