赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの水分補給。おさえておくべき3つのポイント

赤ちゃんの水分補給。おさえておくべき3つのポイント

体が小さく脱水症状に陥りやすい赤ちゃんにとって、水分補給は大切です。大人の体は約60%が水分で出来ているのに対して、赤ちゃんの体の水分量は80%にものぼるからです。そのため脱水症状になりやすいので、体が吸収しやすい水を小まめに与えるようにしましょう。

赤ちゃんの体のために知っておくべき水の情報をまとめましたのでご紹介します。

ポイント1  赤ちゃんに優しい水の固さは「軟水」

赤ちゃんにはマグネシウム含有量が少ない軟水が適しています。硬度は、マグネシウムイオン、カルシウムイオンなどのミネラルの量で決まり、これらのミネラル分の量で口あたりが変わります。

ミネラルは体の調子を整える栄養素のため、大人の体にはいいといわれますが、腎臓などの内臓機能が未熟な赤ちゃんには悪影響を与えます。主に腎臓で調整される、マグネシウムなどのミネラル量をうまくコントロールできずにお腹をこわしてしまうからです。お風呂あがりなど汗をかいたときに与える水分も、赤ちゃんの体に吸収されやすい硬度120mg/l未満の軟水にしましょう。

このように赤ちゃんには軟水がむいていますが、粉ミルクをつくるときは、さらに硬度の低い60mg/l以下の軟水だと粉ミルクが溶かしやすいとされています。

ポイント2  水道水を使うときはご注意を!

日本の水道水の硬度は地域による違いがあるにしても、平均すると硬度50~60度の軟水なので赤ちゃんには適しています。けれど、日本の水道水は塩素で消毒してあるのでおすすめできません。水を塩素消毒する際にトリハロメタンという発がん性物質が出来てしまい、赤ちゃんには有害だからです。

もし水道水を使用するときは、念入りに沸騰させて煮沸消毒しましょう。沸騰してから15~20分ほど加熱すれば、金属以外の不純物はかなり取り除くことができますが、煮沸消毒により水が本来もっている美味しさを損なってしまうデメリットがあります。

一般的に販売されている水でも、山麓地帯や森林地帯の地下深くから採水される水は、自然のフィルターで不純物が取り除かれた純度の高い水なので、加熱の必要はありません。

ポイント3  羊水と同じ性質の「水」で負担なく

赤ちゃんがお腹の中にいるときは、羊水という水の中にいて、この水の中で大きくなります。この羊水という体液はアルカリ性の性質をもっていて、pHで表すとpH7~pH8.5ぐらいです。お腹の中の赤ちゃんは羊水を飲んで成長するので、産まれてからの赤ちゃんにも、羊水と同じくらいのアルカリ性pH値の水を与えましょう。

アルカリ性の水や食べ物は疲労物質を分解するので、疲れにくく、血液をサラサラにし、免疫細胞を活性化させます。赤ちゃんを育てることは体力を使います。血液をアルカリ性にする効果のある酢やホウレンソウなどの野菜をとって、ママもパパも疲労を蓄積しないように気をつけましょう。

赤ちゃんに最適な水とは

これらの3つのポイントから、赤ちゃんのミルクや水分補給のために水道水を使用するには不安が残ります。多少の出費があっても、体の組織ができあがる赤ちゃんの時期は、赤ちゃんの体にあった水をあたえるようにしましょう。

実は、赤ちゃんの体の調子を整える水は、大人の体にもいい影響を与えます。疲れがとれやすく、たまりにくくなり、ママ達が食べる食べ物の美味しさを引き出します。

赤ちゃんの体は大人の体に比べて、免疫力や体の機能も発達していません。しゃべることができない赤ちゃんに変わり、ママやパパが正しい知識をつけて健康に気をつけてあげましょう。