赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ >夜泣きについて

夜泣きとは

夜泣きとは、日中は元気よく食欲もいつも通りなのに、とくにこれといった原因もなしに毎晩決まって泣きだすことです。

夜中に赤ちゃんが泣くこと=夜泣きだと思いがちですが、正確には原因がない号泣を夜泣きと呼びます。暑さや寒さでぐずったり、体調が悪くて泣くのは夜泣きではないのです。昼間はとても元気に遊んで、寝る前までは機嫌も悪くなかったのに、夜中急に泣きだす、これが夜泣きです。

原因がないなんて、ママとしては困ってしまいます。夜泣きの研究は、実はあまり進んでいません。赤ちゃんの体にとって夜泣きは悪いことではないし、赤ちゃん自身は夜泣きしてもつらくないからです。とはいえ、昼間興奮しすぎたり、いつもと環境が違ったり、日中の不安なことを夢に見たり、と夜泣きの原因としていくつか考えられてはいます。

「夜泣き」は生後2~3ヶ月から1歳半ぐらいの赤ちゃんに見られることが多く、夜泣きが続く期間や時間帯も様々です。グズグズ泣く赤ちゃんもいれば、火がついたように大泣きする赤ちゃんもいます。また、一度泣き出すとなかなか寝付いてくれません。

しかし、これは赤ちゃんの睡眠がリズムを作っていく成長の一過程です。病気ではないため、成長していくにつれ治っていきます。「夜泣き」は、発育期の赤ちゃんに見られる当たり前のこととして、受け止めていくことが大切です。