新生児に外気浴や日光浴は必要?

新生児に外気浴や日光浴は必要なの?

新生児の頃はずっとおうちで寝ているばかりの時間が多いかもしれません。

たまにはママも外に出て息抜きをしたいですよね。

そこで、外気浴や日光浴について今回は触れていきます。

 

外気浴や日光浴というと、どちらも外に出るというイメージがあるのではないでしょうか。

免疫力や抵抗力がまだ低いため、戸外に連れていくのは不安がありますよね。

まず始めるなら、外気浴と日光浴のどちらが良いのでしょう。

外気浴と日光浴の違い、それぞれの方法などについて解説していきます。

 

外気浴と日光浴って何が違う?

まず、外気浴と日光浴の違いについてみていきましょう。

 

【外気浴】

外の空気に触れさせることを外気浴と呼びます。

外の新鮮な空気や明るい陽光に触れることで、赤ちゃんの皮膚や気道の粘膜が刺激されます。

その刺激が体の変化に適応する体を作るとされ、良い影響をもたらすと言われています。

新生児の場合は免疫力や抵抗力が弱いため、まずは外気浴から慣れさせるのが良いでしょう。

いきなり戸外に連れ出すのではなく、カーテンを開けて窓越しで外の風や光に当てることから始めるのが良いでしょう。

 

【日光浴】

日光浴とは直接陽の光にあたることを指します。

日光浴をすることで体内にビタミンDが生成され、骨の健康を保つために良い影響があると言われています。

ただし紫外線による皮膚への影響を考えると、皮膚の薄い赤ちゃんにはおすすめではありません。

日光浴が体に悪いわけではないですが、新生児の頃は無理にさせる必要はないでしょう。

 

外気浴と日光浴のメリット

続いて、外気浴と日光浴のメリットについてみていきましょう。

 

【体内時計を整える】

新生児は1日のほとんどを寝て過ごすため、朝と夜の区別がついていません。

外気浴や日光浴で風や光に当たることで、体内時計が整いやすくなると言われています。

また、適度な外気浴や日光浴で神経のバランスが整い気持ちが落ち着くとされています。

新生児ですぐに体内時計が整うのは難しいですが、これから夜間を中心に眠れるようにするためにも良いと言われています。

 

【体を環境に適応させる】

赤ちゃんをずっと一定の温度の室内で過ごさせると、皮膚が外の環境に適応するのが難しくなると言われています。

外気から完全に遮断してしまうと、自律神経の調節ができなくなると考えられているためです。

適度な外気浴や日光浴をすると、そのような状態を防ぐことができます。

ですが新生児の頃はとても皮膚が弱いため、積極的に陽の光に当てる必要はありません。

今後の過ごし方として、ぜひ参考にしておきましょう。

 

新生児の外気浴と日光浴の方法

新生児の外気浴と日光浴の方法についてみていきましょう。

 

【外気浴の方法】

生後2週間くらいから、赤ちゃんの体調の良い時に始めるのが良いでしょう。

紫外線量の比較的少ない午前8時〜10時を目安にし、数分だけ試して慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしてみましょう。

最初は部屋の窓を開け、外から入ってくる空気に触れる程度で大丈夫です。

外気に慣れてきたら少しずつ、ベランダに出たりしてみるのも良いですね。

 

【日光浴の方法】

外気浴に慣れてきて生後1ヶ月程度を過ぎたら、日光浴を始めてみても良いでしょう。

直射日光に注意しながら、まずは3〜5分くらい日光に当ててみましょう。

赤ちゃんが慣れてきたら、ベランダや庭、自宅の前、周辺を散歩するなど少しずつ範囲を広げてみましょう。

 

外気浴や日光浴をする際の注意点

外気浴や日光浴をする際に注意したい点についてもご紹介します。

 

【機嫌が悪い時は避ける】

外気浴や日光浴は必ずしないといけない、というわけではありません。

ママの気分転換も兼ねて、気楽な気持ちで行うのが良いでしょう。

ですので、赤ちゃんの機嫌が悪い時にわざわざ行う必要はありません。

授乳直後や眠たそうな時など、機嫌が悪い時に行うと赤ちゃんのペースが乱れるため、かえってデメリットにつながります。

赤ちゃんの様子を見て、元気で機嫌の良い時に取り入れるようにしましょう。

 

【紫外線に注意する】

近年は紫外線量が多く、大人でも日焼けを気にされる方は多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの皮膚は大人よりも薄くてデリケートです。

特に夏場は時間帯に注意し、外気浴や日光浴をするなら午前中で直射日光を避けて行うようにしましょう。

 

【長時間行わない】

新生児には日光浴はまだ早すぎるのと、外気浴も刺激が強いと感じる場合もあります。

繊細な肌への負担を考え、いきなり長時間行うのは避けましょう。

始める場合は必ず、数分など短時間からが良いでしょう。

 

まとめ

新生児は寝ている時間が多く、カーテンを締め切って暗い中で過ごしている方もいるかもしれません。

ですが、生後2〜3週間を過ぎたら少し外気に触れさせてみるのも良いでしょう。

ずっと室内にいると気分もこもりがちになってしまうので、ママの気分転換にもなるかもしれませんね。

かといっていきなり長時間、外気浴や日光浴をするのは新生児にはかなりも負担になってしまいます。

始める場合は短時間から行い、直射日光に注意しながら、赤ちゃんの様子をみて少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

この記事もおすすめ

int(8)

新生児のベビーカー選び

新生児でもベビーカーは使うの? 新生児期は生後28日までを指しますが、生まれた...

新生児の心雑音の原因は?

新生児によくある心雑音とは 赤ちゃんが生まれた時、ママは人生で一番と言っていい...

赤ちゃんのお七夜にぴったりな記念品

赤ちゃんのお七夜に記念品を作ろう 赤ちゃんが生まれて7日目に行う「お七夜(しち...

新生児の赤ちゃんの生活

授乳量と授乳の回数 新生児期は、胃が小さく、授乳のリズムも整っていません。お母...

新生児でもニット帽は使える?

新生児でもニット帽は使える?

新生児の防寒にもニット帽は必要? ニット帽といえば、大人の防寒ファッションの1...

赤ちゃんのお七夜はどう祝う?

赤ちゃんのお七夜は生まれて最初の行事 赤ちゃんが生まれて初めてのお祝いは、お七...

新生児黄疸は何故起こる?

新生児黄疸は何故起こる?

新生児黄疸って何? 新生児黄疸(おうだん)とは、赤ちゃんの皮膚や白目が黄色っぽ...

新生児期の赤ちゃんがミルクを飲まないのはなぜ?

【新生児】赤ちゃんがミルクを飲まない ミルクというと、赤ちゃんがゴクゴクと音を...

新生児ニキビの原因とケアの方法

新生児期に表れるニキビ 生まれたばかりの赤ちゃんの肌はツルツルできれいなイメー...

赤ちゃんのお七夜で手形足形をとるコツ

赤ちゃんのお七夜に手形足形を残そう 赤ちゃんが生まれて初めてのお祝いごと「お七...

【生後0ヶ月】赤ちゃんの夜泣き

生後0ヶ月の赤ちゃんの夜泣き 赤ちゃんが生まれて、まずママが悩まされるのが睡眠...

新生児とは-生後28日未満の赤ちゃんとの大切な生活習慣

新生児とはいつからいつまで? 新生児とは、生後28日未満の赤ちゃんのことです。...

【生後0ヶ月】おうちでの過ごし方

生後0ヶ月の赤ちゃんとおうちで過ごそう ママのお腹の中から生まれてきたばかりの...

産休でスキルアップできる講座10選 

産休はスキルアップにおすすめタイム 産休は予定日の前後約4ヶ月ですが、産後の2...

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんの絵本選びは? 生まれたばかりの赤ちゃん。 そんな赤ちゃ...

新生児の肌着の選び方とお着替えのコツ

新生児の肌着の役割とは? まだ体温調節を自分ですることができない新生児の場合、...

新生児におすすめのカバーオール選び

新生児用のカバーオールとは? カバーオールとは、簡単に言うと赤ちゃんの体を覆う...

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんってどんな印象? 出産を終えて、ようやく赤ちゃんとの対面。...

新生児の目の色は変わるの?

新生児の目の色 生まれたばかりの赤ちゃん。 初めて赤ちゃんと目が合った時、と...

赤ちゃんのお七夜はいつ?正しい数え方

赤ちゃんのお七夜はいつ? 赤ちゃんが誕生してから初めてのイベントが「お七夜」で...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php